館跡の鎫阿寺楼門 八幡太郎義家の子・義国と義国の第二子・義康二代にわたって造営された足利氏の居館跡 所在地 栃木県足利市家富町2220、鎫阿寺 形状 館 現状・遺構... 館跡の鎫阿寺楼門 八幡太郎義家の子・義国と義国の第二子・義康二代にわたって造営された足利氏の居館跡 所在地 栃木県足利市家富町2220、鎫阿寺 形状 館 現状・遺構... 太平記で使われた足利尊氏の鎧 太平記で使われた足利尊氏の鎧 等持院・方丈北の庭の中央に尊氏の墓と伝えられる宝筐印塔がある。塔の台座は四面に立派な格座間(こうざま)があり、宝瓶には蓮花を押した紋様があって、室町時代の形を示している。台座四面の正面に延文三年四月の... 等持院・方丈北の庭の中央に尊氏の墓と伝えられる宝筐印塔がある。塔の台座は四面に立派な格座間(こうざま)があり、宝瓶には蓮花を押した紋様があって、室町時代の形を示している。台座四面の正面に延文三年四月の... 足利氏で有名な家紋、「二つ引両」。二頭の竜が天に昇って行く様を図案化したもの。・・まさに白竜が並んで通過しているかのような雲だった。あなたも強運を掴めるかも・・いい事ありますよっ! 作成者... 足利氏で有名な家紋、「二つ引両」。二頭の竜が天に昇って行く様を図案化したもの。・・まさに白竜が並んで通過しているかのような雲だった。あなたも強運を掴めるかも・・いい事ありますよっ! 作成者... 足利氏の菩提所・等持院。 大きな地図で見る Tweet 墓地・終焉の地 あ 赤穂浪士 織田信長 織田信孝 梅田雲浜 沖田総司 榎本武揚 於大 伊能忠敬 伊豆長八 太田道灌 石出掃部亮吉胤 岡村昭彦... 足利氏の菩提所・等持院。 大きな地図で見る Tweet 墓地・終焉の地 あ 赤穂浪士 織田信長 織田信孝 梅田雲浜 沖田総司 榎本武揚 於大 伊能忠敬 伊豆長八 太田道灌 石出掃部亮吉胤 岡村昭彦... 水堀 足利氏宅は典型的な方形館で、周りを土塁と水堀が囲んでいる。 水堀 足利氏宅は典型的な方形館で、周りを土塁と水堀が囲んでいる。 足利氏 _古河公方家 足利氏 _古河公方家 下坂氏は南北朝の争乱期に足利氏に属し、代々下坂庄の地頭職に任じられていた。城址にはいまも子孫の方が住まわれ、往時を偲ばせる佇まいを残している。また、城址の西側には下坂氏の菩提寺「不断光院」があり、藁葺... 下坂氏は南北朝の争乱期に足利氏に属し、代々下坂庄の地頭職に任じられていた。城址にはいまも子孫の方が住まわれ、往時を偲ばせる佇まいを残している。また、城址の西側には下坂氏の菩提寺「不断光院」があり、藁葺... 足利尊氏から恩賞としてこの地を与えられた細川小四郎義門が天授3年(1377年)に築いたと伝えられる綾城。昭和60年春に地元の大工により木造で復元されたこの城は、別名「龍尾城」とも呼ばれている。場内は1... 足利尊氏から恩賞としてこの地を与えられた細川小四郎義門が天授3年(1377年)に築いたと伝えられる綾城。昭和60年春に地元の大工により木造で復元されたこの城は、別名「龍尾城」とも呼ばれている。場内は1... 下坂氏は南北朝の争乱期に足利氏に属し、代々下坂庄の地頭職に任じられていた。城址にはいまも子孫の方が住まわれ、往時を偲ばせる佇まいを残している。また、城址の西側には下坂氏の菩提寺「不断光院」があり、藁葺... 下坂氏は南北朝の争乱期に足利氏に属し、代々下坂庄の地頭職に任じられていた。城址にはいまも子孫の方が住まわれ、往時を偲ばせる佇まいを残している。また、城址の西側には下坂氏の菩提寺「不断光院」があり、藁葺... 足利尊氏木像 京都市北区 等持院 足利尊氏木像 京都市北区 等持院 下坂氏は南北朝の争乱期に足利氏に属し、代々下坂庄の地頭職に任じられていた。城址にはいまも子孫の方が住まわれ、往時を偲ばせる佇まいを残している。また、城址の西側には下坂氏の菩提寺「不断光院」があり、藁葺... 下坂氏は南北朝の争乱期に足利氏に属し、代々下坂庄の地頭職に任じられていた。城址にはいまも子孫の方が住まわれ、往時を偲ばせる佇まいを残している。また、城址の西側には下坂氏の菩提寺「不断光院」があり、藁葺... 義輝を討ち取った松永久秀らは足利義栄を将軍に擁立、永禄十一年(1568)二月、将軍宣下を受けた義栄は京へと向かった。一方、義輝の弟覚慶は興福寺一乗院を脱出し義昭と名乗って、近江の六角氏、若狭の武田氏、... 義輝を討ち取った松永久秀らは足利義栄を将軍に擁立、永禄十一年(1568)二月、将軍宣下を受けた義栄は京へと向かった。一方、義輝の弟覚慶は興福寺一乗院を脱出し義昭と名乗って、近江の六角氏、若狭の武田氏、... 下坂氏は南北朝の争乱期に足利氏に属し、代々下坂庄の地頭職に任じられていた。城址にはいまも子孫の方が住まわれ、往時を偲ばせる佇まいを残している。また、城址の西側には下坂氏の菩提寺「不断光院」があり、藁葺... 下坂氏は南北朝の争乱期に足利氏に属し、代々下坂庄の地頭職に任じられていた。城址にはいまも子孫の方が住まわれ、往時を偲ばせる佇まいを残している。また、城址の西側には下坂氏の菩提寺「不断光院」があり、藁葺... 享保10年春にペリーが足利氏を滅亡させる。 ここらで再度滅亡した大名を整理しましょう。以前明記した大名に加えて、 上杉謙信(享保8年) 伊達政宗(享保5年) が滅亡。残っているのは、... 享保10年春にペリーが足利氏を滅亡させる。 ここらで再度滅亡した大名を整理しましょう。以前明記した大名に加えて、 上杉謙信(享保8年) 伊達政宗(享保5年) が滅亡。残っているのは、... 足利氏の勢力伸張 義兼は文治五年(1189)の奥州合戦にも従軍し、頼朝の「御門葉」として敬われ、鎌倉幕府が開かれると、... 足利氏の勢力伸張 義兼は文治五年(1189)の奥州合戦にも従軍し、頼朝の「御門葉」として敬われ、鎌倉幕府が開かれると、... 足利尊氏(足利高氏) (1305〜1358)略年表 15歳(1319) 高氏元服。 20歳(1324) 9/19: 後醍醐天皇 の倒幕計画発覚「正中の変」。... 足利尊氏(足利高氏) (1305〜1358)略年表 15歳(1319) 高氏元服。 20歳(1324) 9/19: 後醍醐天皇 の倒幕計画発覚「正中の変」。... 足利氏廟所等持院門前(1号車) 足利氏廟所等持院門前(1号車) (3/30 '09) 静かな本能 足利広氏の個展が 新宿眼下画廊 で行われます。 田中廣太郎は彼の映像作品の製作に携わっています。 (3/30 '09) 静かな本能 足利広氏の個展が 新宿眼下画廊 で行われます。 田中廣太郎は彼の映像作品の製作に携わっています。 天龍寺 天龍寺 は、足利尊氏により後醍醐天皇の菩提を弔うために創建された。世界遺産に登録。曹源池を中心に嵐山を借景とする池泉回遊式の庭園は 開山の夢窓疎石の作。南北朝時代の禅院を代表する庭園。 天龍寺 天龍寺 は、足利尊氏により後醍醐天皇の菩提を弔うために創建された。世界遺産に登録。曹源池を中心に嵐山を借景とする池泉回遊式の庭園は 開山の夢窓疎石の作。南北朝時代の禅院を代表する庭園。 足利氏の広大な邸宅の跡らしく巨木って、これ新しいねゴメン('〜`;) 足利氏の広大な邸宅の跡らしく巨木って、これ新しいねゴメン('〜`;) 鐘楼 会員一覧 HOME Copyright(C)2004 全国足利氏ゆかりの会 ○当サイトの画像及び文章を承諾なく転用することはご遠慮願います。 鐘楼 会員一覧 HOME Copyright(C)2004 全国足利氏ゆかりの会 ○当サイトの画像及び文章を承諾なく転用することはご遠慮願います。 勝竜寺城。 足利尊氏が、南朝の拠点であった男山城(石清水八幡宮があるあの「男山」です!)に対抗するため、細川頼春に造らせました。 ちなみに。 京都府下には313もの城がありました。... 勝竜寺城。 足利尊氏が、南朝の拠点であった男山城(石清水八幡宮があるあの「男山」です!)に対抗するため、細川頼春に造らせました。 ちなみに。 京都府下には313もの城がありました。... 周囲に土塁とめぐらした寺域は、ほぼ正方 形で、約 40000 ・ 画像、拡大できます。・ 周囲に土塁とめぐらした寺域は、ほぼ正方 形で、約 40,000 ・ 画像、拡大できます。・ コメント この記事へのコメント 名前 メールアドレス URL コメント 閲覧者数の累計: FC2カウンター 現在の閲覧者数: コメント この記事へのコメント 名前 メールアドレス URL コメント 閲覧者数の累計: FC2カウンター 現在の閲覧者数: 東門 東門 足利氏女墓所 足利氏女墓所 足利義氏の墓所 足利義氏の墓所 天龍寺 天龍寺 は、足利尊氏により後醍醐天皇の菩提を弔うために創建された。世界遺産に登録。曹源池を中心に嵐山を借景とする池泉回遊式の庭園は 開山の夢窓疎石の作。南北朝時代の禅院を代表する庭園。 天龍寺 天龍寺 は、足利尊氏により後醍醐天皇の菩提を弔うために創建された。世界遺産に登録。曹源池を中心に嵐山を借景とする池泉回遊式の庭園は 開山の夢窓疎石の作。南北朝時代の禅院を代表する庭園。
下一頁 »
進階搜尋