[ 著作権承認:川端康成記念會 ] [ 著作権承認:川端康成記念會 ] [ 著作権承認:川端康成記念會 ] [ 著作権承認:川端康成記念會 ] 川端康成 『色紙』 川端康成 かわばた・やすなり Kawabata Yasunari 筆跡 1899年(明治32年) 大阪 ?1972年(昭和47年) 神奈川 【代表作】 『伊豆の踊子』 『雪国』 ... 川端康成 『色紙』 川端康成 かわばた・やすなり Kawabata Yasunari 筆跡 1899年(明治32年) 大阪 ?1972年(昭和47年) 神奈川 【代表作】 『伊豆の踊子』 『雪国』 ... 川端康成「古都」 川端康成「古都」 川端康成... 川端康成... [福田屋前にて−中央が川端康成] [福田屋前にて−中央が川端康成] Kawabata Yasunari Kawabata Yasunari ↑クリックすると拡大されます ↑クリックすると拡大されます ■日 時 プログラムA ...2006年2月25日(土) プログラムB ...2006年3月30日(木) A・B共 13: 30開演~15:45終了(予定) ■場 所... ■日 時 プログラムA ...2006年2月25日(土) プログラムB ...2006年3月30日(木) A・B共 13: 30開演~15:45終了(予定) ■場 所... 川端康成文学碑 川端康成文学碑 高円寺駅南口のパル商店街を通り抜けると、ルック商店街入り口の宝橋で桃園川緑道に出会う。その右手あたりに、夭折の詩人 中原中也 (1907 ― 1938) が大正 14 年から 1 年ほど住んでいた。... 高円寺駅南口のパル商店街を通り抜けると、ルック商店街入り口の宝橋で桃園川緑道に出会う。その右手あたりに、夭折の詩人 中原中也 (1907 ― 1938) が大正 14 年から 1 年ほど住んでいた。... 川端康成「たまゆら」記念碑 川端康成「たまゆら」記念碑 川端康成記念会の川端香男里理事長が、無造作に取り出した作品は、熊谷守一の「地蔵」。自然で闊達な筆の運びが、地蔵の慈愛の表情を一直線に描き出していてびっくりした。 川端康成記念会の川端香男里理事長が、無造作に取り出した作品は、熊谷守一の「地蔵」。自然で闊達な筆の運びが、地蔵の慈愛の表情を一直線に描き出していてびっくりした。 大きな画像を見る (全1枚) 大きな画像を見る (全1枚) ◎类 别 文学-小说 ◎出版机构 商务印书馆 ◎书 号 7100019419 ◎页 码 368页 ◎作 者 (日)川端康成 ◎译 者 尚永清... ◎类 别 文学-小说 ◎出版机构 商务印书馆 ◎书 号 7100019419 ◎页 码 368页 ◎作 者 (日)川端康成 ◎译 者 尚永清... 飛行三鈷杵にまつわる詩歌 明神譲與す萬許町、雲に入る三鈷懸つて松に在り。 宮内権少輔藤原俊國 千年の清操雲衝に聳ゆ、三鈷松蟠まって其の勢ひ殊なり。枝上に徘徊す深夜の月、老龍吐き出す一団の珠。 ... 飛行三鈷杵にまつわる詩歌 明神譲與す萬許町、雲に入る三鈷懸つて松に在り。 宮内権少輔藤原俊國 千年の清操雲衝に聳ゆ、三鈷松蟠まって其の勢ひ殊なり。枝上に徘徊す深夜の月、老龍吐き出す一団の珠。 ... 川端康成旧宅 川端康成旧宅 住んでいたあたり 高円寺駅南口のパル商店街を通り抜けると、ルック商店街入り口の宝橋で桃園川緑道に出会う。その右手あたりに、夭折の詩人 中原中也 (1907 ― 1938) が大正 14 年から 1... 住んでいたあたり 高円寺駅南口のパル商店街を通り抜けると、ルック商店街入り口の宝橋で桃園川緑道に出会う。その右手あたりに、夭折の詩人 中原中也 (1907 ― 1938) が大正 14 年から 1... 「東京の人」(昭和30年) 川端康成 「東京の人」(昭和30年) 川端康成 著者:村田 沙耶香 出版社:朝日新聞出版 価格:¥ 1944 ブック・アサヒ・コム書店 Amazon.co.jp 楽天ブックス 紀伊國屋書店ウェブストア TSUTAYA online 著者:村田 沙耶香 出版社:朝日新聞出版 価格:¥ 1,944 ブック・アサヒ・コム書店 Amazon.co.jp 楽天ブックス 紀伊國屋書店ウェブストア TSUTAYA online 【参考文献】 ・川端康成全集:川端康成 、新潮社 ・伊豆の踊子:川端康成、近代文学館 ・古都:川端康成、新潮社 ・雪国:川端康成、創元社 ・雪国:川端康成、鎌倉文庫 ・雪国:川端康成、新潮文庫... 【参考文献】 ・川端康成全集:川端康成 、新潮社 ・伊豆の踊子:川端康成、近代文学館 ・古都:川端康成、新潮社 ・雪国:川端康成、創元社 ・雪国:川端康成、鎌倉文庫 ・雪国:川端康成、新潮文庫... 茨木市 茨木市 そしていよいよ上越国境を迎えます。川端康成の雪国に「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」とあるように新清水トンネルを抜けるとそこは水上よりはるかに多くの雪が積もっていました。これには感動しました... そしていよいよ上越国境を迎えます。川端康成の雪国に「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」とあるように新清水トンネルを抜けるとそこは水上よりはるかに多くの雪が積もっていました。これには感動しました... 【参考文献】 ・川端康成全集:川端康成 、新潮社 ・伊豆の踊子:川端康成、近代文学館 ・古都:川端康成、新潮社 ・雪国:川端康成、創元社 ・雪国:川端康成、鎌倉文庫 ・雪国:川端康成、新潮文庫... 【参考文献】 ・川端康成全集:川端康成 、新潮社 ・伊豆の踊子:川端康成、近代文学館 ・古都:川端康成、新潮社 ・雪国:川端康成、創元社 ・雪国:川端康成、鎌倉文庫 ・雪国:川端康成、新潮文庫... 川端康成の小説「伊豆の踊子」の書き出しで有名な「旧天城トンネル」へ向かう天城路の様子である。この路は「踊子歩道」と命名されている。... 川端康成の小説「伊豆の踊子」の書き出しで有名な「旧天城トンネル」へ向かう天城路の様子である。この路は「踊子歩道」と命名されている。... 授賞式に出席した川端康成さん=ストックホルムで1968年12月10日、元毎日新聞写真部・関口賢次郎さん写す 授賞式に出席した川端康成さん=ストックホルムで1968年12月10日、元毎日新聞写真部・関口賢次郎さん写す ※ 掲載した料金等の内容は変更になるおそれがあります。自己責任で御利用ください。 ※ 掲載した料金等の内容は変更になるおそれがあります。自己責任で御利用ください。
下一頁 »
進階搜尋