尿路(腎盂、尿管、膀胱、尿道)に発生する癌です。最も発生頻度の高いのは膀胱癌で、泌尿器科系悪性腫瘍の中では、前立腺癌に次いで多い癌です。組織型は移行上皮癌が約95%で、しばしば多発し、再発を繰り返すの... 尿路(腎盂、尿管、膀胱、尿道)に発生する癌です。最も発生頻度の高いのは膀胱癌で、泌尿器科系悪性腫瘍の中では、前立腺癌に次いで多い癌です。組織型は移行上皮癌が約95%で、しばしば多発し、再発を繰り返すの... 正常尿管:尿管の表層上皮細胞(アンブレラ細胞)の細胞膜に陽性反応を示す。 正常尿管:尿管の表層上皮細胞(アンブレラ細胞)の細胞膜に陽性反応を示す。 正常尿管:尿管の表層上皮細胞(アンブレラ細胞)の細胞膜に陽性反応を示す。 正常尿管:尿管の表層上皮細胞(アンブレラ細胞)の細胞膜に陽性反応を示す。 歯肉移植は我々が講習を受けた頃は、遊離歯肉移植がほとんどで何度か行ってきたが、その結果は移植した歯肉がはっきり浮き出た状態になりやすく、審美的なものではなかったし、患者の満足度も低かった。... 歯肉移植は我々が講習を受けた頃は、遊離歯肉移植がほとんどで何度か行ってきたが、その結果は移植した歯肉がはっきり浮き出た状態になりやすく、審美的なものではなかったし、患者の満足度も低かった。... 上皮組織 上皮組織 肺癌の組織像(扁平上皮癌) 肺癌の組織像(扁平上皮癌) 胃癌の組織像(腺癌) 胃癌の組織像(腺癌) 腸上皮細胞は腸管の内側を覆っている細胞で、摂取した食物の消化・吸収、腸内細菌に対するバリア機能などの役割を担っている細胞であります。これらの機能維持のため腸上皮細胞は腸上皮幹細胞から絶えず作られ、わず... 腸上皮細胞は腸管の内側を覆っている細胞で、摂取した食物の消化・吸収、腸内細菌に対するバリア機能などの役割を担っている細胞であります。これらの機能維持のため腸上皮細胞は腸上皮幹細胞から絶えず作られ、わず... その他 研究課題名:炎症反応による乳腺上皮細胞機能の障害機構についての検討 予算区分:経常 研究期間:平成8年度~平成10年度 発表論文等: 1.第120回日本獣医学会講演要旨集 p.50... その他 研究課題名:炎症反応による乳腺上皮細胞機能の障害機構についての検討 予算区分:経常 研究期間:平成8年度~平成10年度 発表論文等: 1.第120回日本獣医学会講演要旨集, p.50... 味蕾は上皮組織が分化したもので、上皮層を貫く方向に縦に伸びた細胞がいくつか集まって1個の味蕾を形成している。... 味蕾は上皮組織が分化したもので、上皮層を貫く方向に縦に伸びた細胞がいくつか集まって1個の味蕾を形成している。... 結合組織 結合組織 Fig. 5:バレット食道の組織学的判定 (画像をクリックすると拡大表示します:396KB) Short segment BE(SSBE) と long segment BE(LSBE) EGJ... Fig. 5:バレット食道の組織学的判定 (画像をクリックすると拡大表示します:396KB) Short segment BE(SSBE) と long segment BE(LSBE) EGJ... その他 研究課題名:プリオン病の防除技術の開発 中課題整理番号: 322d 予算区分:委託プロ(BSE) 研究期間:2009~2010年度 研究担当者:岡田洋之、横山隆、毛利資郎 発表論文等... その他 研究課題名:プリオン病の防除技術の開発 中課題整理番号: 322d 予算区分:委託プロ(BSE) 研究期間:2009~2010年度 研究担当者:岡田洋之、横山隆、毛利資郎 発表論文等... ↑鼻炎ラットの粘膜。上皮の一部が剥がれ落ちている。 ↑鼻炎ラットの粘膜。上皮の一部が剥がれ落ちている。 2008年10月10日、山中伸弥教授(京都大学)らの研究グループは、ウイルスベクターを用いない遺伝子導入法(プラスミドベクター)による人工多性能幹細胞(iPS細胞)の樹立に成功しました。iPS細胞の研... 2008年10月10日、山中伸弥教授(京都大学)らの研究グループは、ウイルスベクターを用いない遺伝子導入法(プラスミドベクター)による人工多性能幹細胞(iPS細胞)の樹立に成功しました。iPS細胞の研... 病理組織診の返信は「扁平上皮癌」 病理組織診の返信は「扁平上皮癌」 組織球 組織球 大腸癌 使用目的:組織、細胞中のEGFR(上皮増殖因子受容体)タンパクの検出(悪性腫瘍の診断補助) プロテアーゼ処理(+) 大腸癌 使用目的:組織、細胞中のEGFR(上皮増殖因子受容体)タンパクの検出(悪性腫瘍の診断補助) プロテアーゼ処理(+) その他 研究課題名:環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発 課題ID:322-g 予算区分:交付金(重点強化) 研究期間:2007~2008年度 研究担当者:畠間真一、菅野... その他 研究課題名:環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発 課題ID:322-g 予算区分:交付金(重点強化) 研究期間:2007~2008年度 研究担当者:畠間真一、菅野... 大腸癌 使用目的:組織、細胞中のEGFR(上皮増殖因子受容体)タンパクの検出(悪性腫瘍の診断補助) プロテアーゼ処理(+) 大腸癌 使用目的:組織、細胞中のEGFR(上皮増殖因子受容体)タンパクの検出(悪性腫瘍の診断補助) プロテアーゼ処理(+) 図3. キマダラヤセカジカの貯精嚢と精巣の組織図. a 貯精嚢前中部の横断面図. b 貯精嚢内の上皮細胞. c 貯精嚢後部の横断面図. d精子包嚢. e-f... 図3. キマダラヤセカジカの貯精嚢と精巣の組織図. a 貯精嚢前中部の横断面図. b 貯精嚢内の上皮細胞. c 貯精嚢後部の横断面図. d精子包嚢. e-f... T市民病院歯科口腔外科を紹介。病理組織診の結果はエナメル上皮腫との診断だった。 T市民病院歯科口腔外科を紹介。病理組織診の結果はエナメル上皮腫との診断だった。 その他 研究課題名:炎症反応による乳腺上皮細胞機能の障害機構についての検討 予算区分:経常 研究期間:平成8年度~平成10年度 発表論文等: 1.第120回日本獣医学会講演要旨集 p.50... その他 研究課題名:炎症反応による乳腺上皮細胞機能の障害機構についての検討 予算区分:経常 研究期間:平成8年度~平成10年度 発表論文等: 1.第120回日本獣医学会講演要旨集, p.50... 味蕾は上皮組織が分化したもので、上皮層を貫く方向に縦に伸びた細胞がいくつか集まって1個の味蕾を形成している。... 味蕾は上皮組織が分化したもので、上皮層を貫く方向に縦に伸びた細胞がいくつか集まって1個の味蕾を形成している。... 11)絨毛状(乳頭状)構造をとる上皮性組織 正常の小腸粘膜は、陰窩と絨毛の2つの構造よりなっている。ためしに、これらの構造を水平断してみると興味深いことがわかる( 図7... 11)絨毛状(乳頭状)構造をとる上皮性組織 正常の小腸粘膜は、陰窩と絨毛の2つの構造よりなっている。ためしに、これらの構造を水平断してみると興味深いことがわかる( 図7... 良性非上皮性腫瘍/血管腫 良性非上皮性腫瘍/血管腫 癌センターにて癌病巣摘出および下顎骨片側離断術、しかしその数ヶ月後に亡くなられた。 類似ケース 60歳代男性 癌センターにて癌病巣摘出および下顎骨片側離断術、しかしその数ヶ月後に亡くなられた。 類似ケース 60歳代男性 乳腺(正常):乳腺の腺上皮の細胞質に陽性反応を示す。 プロテアーゼ処理(+) 乳腺(正常):乳腺の腺上皮の細胞質に陽性反応を示す。 プロテアーゼ処理(+) 図3. キマダラヤセカジカの貯精嚢と精巣の組織図. a 貯精嚢前中部の横断面図. b 貯精嚢内の上皮細胞. c 貯精嚢後部の横断面図. d精子包嚢. e-f... 図3. キマダラヤセカジカの貯精嚢と精巣の組織図. a 貯精嚢前中部の横断面図. b 貯精嚢内の上皮細胞. c 貯精嚢後部の横断面図. d精子包嚢. e-f...
下一頁 »
進階搜尋